フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 樹脂粘土を練ってみよう� | メイン | とんぼりワッショイ! »

2006年11月 2日 (木)

樹脂粘土を練ってみよう�

今日はいよいよパンプキンの形にしていきますsign01
一人で作りながら携帯カメラで撮っているので画像のみにくさはご了承くださいsweat01


パンプキン型を作るときには、セラミックヘラ(小)△になっている方を使います。
表面の色が落ちついて、固まってきたらヘラの登場ですsign01十円玉弱の大きさで約30分ほどで作業に移れます。
danger大きさによって乾燥時間は異なります。


最初にパンプキンの縦模様を付けていきます。
模様を付けるときはヘラを画像のように横にして使います。
dangerあまり力を入れすぎるとバックリ樹脂粘土が割れてしまうので気をつけましょう。
縦模様の量や間隔、深さは自分の好みで自由につけてOKですshine


�で付けた縦模様に沿って表にも付けていきます。
表は円の中心に向かって付けます。(画像参照)
中心に向かって模様をつけるので、中心が一番くぼみます。
danger中心のくぼみが少し割れることもありますが、後でアクセサリーホールになる部分なのでフォローできます。


表が終わったら、次は裏です。
裏も表と同じように円の中心に向かって整えていきます。
裏はヘラの面の方を使います。(画像参照)
できるだけ平たくなるように押さえます。
danger裏は表と違って乾燥してないので柔らかいので力の入れすぎに気をつけてください。


形の整え終わったら再び自然乾燥です。約1日ほど乾燥させます。

乾燥を終えたらシルバーワイヤーでパンプキンの中心を貫通させます。ワイヤーに通したまま、さらに1日乾燥させます。


これでパンプキンマスコットのできあがりですshine
このままだとただのパンプキンなので、表情smileを付けていきますheart

何度も作っていくうちに「あ、これぐらいの乾燥だと模様がつけやすいsign01」と
自分なりの作りやすさのタイミングがつかめてきますsmile
どうしても感覚をつかむまでは、何度も失敗しますsad
でも、それを乗り越えるととっても楽しいshineですよsmile

次は、パンプキンに表情をつけようsign01です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395514/18162510

樹脂粘土を練ってみよう�を参照しているブログ:

コメント

画像、大丈夫ですよsmile十分よくわかりますsign01細かな注意もたくさんあって、本でも出せそうですねbookshineけっこう、乾燥時間がかかるのですねshock気の短い私には一番難しいことかも・・・sadでも、何でもすぐできないから面白いのですよねsign01大事に大事に作ってくことが大切なんだなぁtulipいよいよ、顔ですねlovely顔入れは重要だsign01テディベア作ってて、目をつけた瞬間「あれれーーーcoldsweats02sign02」ってなった経験がありますsweat01

いつもコメントありがとうございますshinebookいつか出せたらいいなぁheartがんばって本を出版できるようになりたいですsign01コツコツ作る楽しみを覚えるとやめられませんよsmile私も土台が良くても表情を失敗することってよくあるんですsweat01いろんな表情バリエーションを紹介しちゃいますよ明日から、アートイベントなので続きの更新は6日になります。お待たせしてしまってすみませんsweat01

ここまで程細かく、親切・丁寧なブログは私の知る限りありませんsmile作業中のショットと、それに伴う説明書きmemoお見事sign01な〜んか、もったいねぇな〜・・・Chisato。さんならナビケーターとしてやっていくほうが絶対いいと思うんですがね〜sun

こんばんわmoon3コメントありがとうございますshineこういった作品の説明をするブログは初めてなので、うまく伝わるか心配でしたsweat01丁寧って言ってもらえてうれしいですsmileshineナビゲーターってなるのが難しそうですよね。。coldsweats02今は、毎日更新memoできるのを目標にがんばってみますsign01あぁ、本bookやナビゲーターとか色々やりたいことがたくさんでてきちゃいましたsweat01

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。