フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

カテゴリ「樹脂粘土マスコットの作り方」の記事 Feed

2006年12月31日 (日)

いのししマスコット できあがり〜v

clubいのししマスコットをいろんな角度から映してみましたぁ〜shineclub

はい。
基本の正面デスsign01



ななめショット�shine<


ななめショット�shineshine<


最後に。
後姿です〜sign01
おしりもかわいいでしょwink
<

年が明けたら“お正月バージョン”のいのししマスコットを紹介していきたいとおもいます〜lovelyshine
お楽しみに〜〜smile

いのししマスコットの作り方�

1日乾燥させたら、いのししマスコットの仕上げですsmileshine


おなじみの“シグノ(ブラウンブラック)”でいのししマスコットの顔を描きますsign01



まず、画像のように“目・耳・鼻の穴”を描きます。

目の書き出しは、鼻と同じ高さから描き始めるとかわいく描けますheart
耳は目の中心〜終わりの真上から描き始めるとバランスが取りやすいです




次にいのししマスコットのを描きます。
*うりぼうは牙がないので、この作業をカットします。

描くときのアクリル絵の具のカラーは
・ホワイト(ターナー社)
を使いますshine



筆を使って牙を描きますsmile
筆はどんなものでもかまいません。
ちなみに私は“1号”の極細筆を使っています
百円均一のお店にも置いてありますよ〜sign01

牙の描きだしは目の斜め下あたりから始めるとバランスがとれますsmile
あまり、絵の具をつけすぎると太い牙になってしまうので気をつけましょうsweat01



牙が描けたら、耳の中にも色をつけますsign01
先ほど使ったホワイトパーマネントスカーレット(ターナー社)を混ぜ“ピンク色”を塗りますheart

そして、最後にいのししの背中“しましま”シグノペンで描いて、できあがりですsmilesweat01


最後にできあがったいのししマスコットをいろな角度からお見せします〜lovelyshine

いのししマスコット の作り方�

来年の干支いのししマスコットの作り方を紹介しいこうと思いますsmile
モデナを適量取り出します。そして、アクリル絵の具を混ぜます。
・パーマネントイエローディープ
・バーントシェナー(ターナー社)

を2:1の割合で混ぜます。
ムラなく混ざったら丸い形に整えます。

混ぜる割合は基本を表記してあります。
お好みの割合を探してみてくださいね



丸く整えたあと、いのししの“鼻"の形を出していきます
画像のようにどちらか片方をなでるようにして引っ張っていきますsweat01


dangerあまり強く引っ張るとヒビが入ったり、ちぎれたりするので、ゆっくりなでだしてくださいshock



そして、“鼻”が整ってきたら上部を『ピッ』と薄くつまみます。

ツンっと上に向いた鼻がいのししマスコットのポイントですshine




いのししマスコットの本体ができましたぁ〜smileshine
ここまでの作業が終わったら、1日乾燥させます



*携帯カメラなので全体的にマスコットがオレンジっぽく見えてます。。すみませんっbearing


次はいのししマスコットに表情と模様をつけていきます

2006年12月22日 (金)

スノーマン マスコットの作り方�

いよいよマスコットの仕上げですheart
表情とヒモを通すピンをつけていきます〜xmas



パンプキンマスコットの作り方で紹介した、
シグノブラウンブラック0.28mmペンで
描いていきますsmile




描くのはスノーマンのです。
描くときのポイントは、鼻と同じ高さよりちょっと上に描くとかわいくできますshine




目が描けたら、次はヒモを通すためのTピンをつけます。
Tピンのサイズは「マスコットを使ってストラップに挑戦!」を参考に見てくださいねsign01

dangerマスコットの中心にTピンを刺すようにがんばってみましょうsweat01


Tピンを曲げて、マスコットの完成ですheart
Tピンの曲げ方は「マスコットを使ってストラップに挑戦!�を参考に見てくださいね
sign01
dangerツリーなど、室内用であれば防水加工液の作業をしなくても大丈夫です。気になる方は、この作業時点で防水加工をしてくださいね




マスコットができあがったら、ヒモを付けていきますsmile
ヒモはどんなものでもOKですsign01
今回はクリスマスxmasが近いので、金色shineにしてみました〜heart



ヒモ10cmほどにカットしてマスコットのピンに通してできあがりsmileshine



急いで近くにあるラッピングでやってみたので、センスゼロcoldsweats02sweat01ですが。。。bearing

プレゼントに貼るシールやリボンの下にマスコットをつけるとオリジナルアクセントになりますよ〜heart


xmasもうすぐクリスマスsnowshineステキな日になるように準備をバッチリしなきゃ〜sweat01

2006年12月21日 (木)

スノーマン マスコットの作り方�

スノーマン マスコット本体ができましたsign01
次は、鼻やボタンパーツを付けていきますsmileshine



スノーマンの鼻パーツのアクリル絵の具色は
・パーマネントイエローディープ(ターナー社)
です。イエローですが、オレンジに近い色ですheart




モデナを極少量取り、パーマネントイエローディープ(極少量)を混ぜます。そして、しずく型に整えます。
先端から2mmをカッターで切ります。hairsalon
切った後はマスコットの個数分、しずく型〜切るを繰り返します。

dangerしずく型に整えてからすぐに切ると、形が崩れやすいです。
なので、一気にスパッと切ってみましょうsweat01
*私は“デザインカッター”を使用していますsmile





これで、スノーマン 鼻パーツができましたsign01



次は、ボタンパーツですsign01
ボタンパーツのアクリル絵の具色は
・パーマネントスカーレット(ターナー社)
です。



モデナを極少量取り、パーマネントスカーレット(極少量)を混ぜます。
そして、1〜2mmの丸型に整えます。



ではっsign01
それぞれのパーツをつけていきますsmile
まず、ボタンから付けていきます。
作り方�で紹介したセメダイン(ジェルタイプ)とピンセットを使ってつけます
ここでも3〜4秒は押さえたままにしてくださいねsweat01



次に鼻パーツをつけます。
danger小さく先が尖っているので、接着するときにポキッと折らないように気をつけましょうshock



パーツの取り付けが終わりました〜ぁsmile
正面から見た感じですshine



ちょっとななめから見た感じですshine
鼻が尖っているので、こっちから見たほうがわかりやすいですねheart


ここまでの作業(作り方�〜�)は1日でできますsmile
全てのパーツをつけ終わったところで、1日乾燥させますsnow
次の日に仕上げができますよsign012日間でマスコット完成ですnote
今回は赤いボタンにしてみましたtulip
スノーマンのボタンの色をいろいろ変えて楽しんでみてくださいねsmile
ボタンの他に“”や“ribbon”の形をつけてもかわいいですよheart

明日はマスコット作り方� 目の描き込み&ピンパーツ〜をお届けしますsign01

スノーマン マスコットの作り方�

もう、クリスマスshine直前ですねsign01今からでも間に合いますsmile
スノーマンsnowマスコットの作り方を紹介したいと思いますnote
・クリスマスツリーxmas
・プレゼント包装(リボンやシールの間)のアクセント
などにピッタリですよshine

ちょっと画像が悪いです。。すみませんsweat01
ご紹介するスノーマン マスコットですsmile

材料はパンプキンマスコットの作り方で紹介しました。
「マスコットの材料はこんなのsign01」を参考にしてくださいね



スノーマン マスコットの体に使うアクリル絵の具
・カラーパールホワイト20ml(ターナー社)(左)
・ラメクリアダイヤモンド20ml(ターナー社)(右)

私は、ラメクリアを混ぜています。
見る角度や光の当たり方によってマスコットがキラキラshineしてかわいいですよheart
*白い絵の具であれば、お好きなものを使っていただいてOKです。


モデナ(適量)を取り出します。そして、先にカラーパールホワイトを混ぜます。均一に混ぜ終わったらラメクリアダイヤモンドを混ぜます。
終わったらマスコットの大きさに丸めていきます。
(画像左)上部は10mm、下部は15mm、丸めます。
*右側はピアス用サイズ(上部:5mm、下部:6mm)


danger混ぜるアクリル絵の具の量はお好みでOKです。
ラメは混ぜた感じが透明です。ラメの量は多いほどキラキラshineしますよ。




次にマスコットの上下を接着していきます。
私は“液ダレ”が起こりにくいセメダインLOCTITE ジェルタイプを使ってます。smile




丸いままだと接着時に安定しないので、その前にマスコット下部の接着面を指で軽く押して平たくします。



平たくなったトコロにセメダインを少し付けて、接着ですsign01



マスコット上部をピタッheart
このまま3〜4秒ほど押さえてくださいsweat01




全部接着できました〜smile
ちゃんと自立できるんですheartちょこんと立ってるのはかわいいですshine


次は、鼻やボタンをつけていきますsign01

2006年11月10日 (金)

マスコットを使ってストラップに挑戦 �

今日は、いよいよストラップの仕上げですsign01
*一人撮影のため、ピンの曲げ方を画像付きでお伝えできませんshock
なので、日頃お世話になっている『パーツクラブ』さんのHPに“ビーズアクセサリーの基本レシピ”が紹介されているのでごらんくださいsweat01

*“How to”→“ビーズアクセサリーの基本レシピ”

まず、Tピンをパンプキンマスコットの貫通させた穴に通します。
dangerマスコットの穴が乾燥によって縮むことがあります。ペンチ等を使っても“通らないsweat01”って時は一回り小さいTピン(24mm/S)を使用してください。shock


ペンチを使ってTピンを曲げてます。
これで、マスコットパーツができましたheart
*ビーズアクセサリーの基本レシピ 参照。


次に9ピンをスワロフスキービーズに通して、曲げます。これで、ビーズパーツができましたheart
*ビーズアクセサリーの基本レシピ 参照。


できあがったマスコットパーツとビーズパーツをつなげていきますsign01
ビーズパーツの下方部の輪をペンチで開きます。
そして、開いた輪にマスコットパーツの輪を通したらビーズパーツの開いた輪をペンチで閉じます。
dangerピンの輪っか部分を何度も開け閉めしていると、強度が下がります。ピンが外れやすくなったり、折れたりするので注意してくださいsweat01


最後に丸カンで�でつなげたパーツとストラップパーツをつなげますsign01
開いた丸カンに�のパーツとストラップパーツをそれぞれ通します。そして、開いた丸カンを閉じます。
*ビーズアクセサリーの基本レシピ 参照。


これでマスコットストラップの完成ですsmileshine
*最後になって作り方を細かく説明できなくてすみませんsad

次からは、パンプキンマスコットを使ったストラップやピアスのバリエーションを紹介していきますsmile
完成品を紹介していきますので「この作り方が気になるsign01」というのがありましたらレスくださいheart
紹介していきたいと思いますshine


2006年11月 9日 (木)

マスコットを使ってストラップに挑戦 �



今回は一番スタンダードなストラップを作っていきますsign01
まずは、このマスコットストラップを作るのに必要な
道具と材料を紹介していきますsmile


と、その前に下準備をしますsign01
ストラップってmobilephoneやに付けたりするので、外に持って行きますよね。耐水性ペンで描いていてもrainにぬれるのは心配ですshock
そこでコレsign01shine
・水性 防水材(ツヤなし) (パジコ社)
使用する筆は何でもOKですsign01
この液体を数回、重ね塗りすると水濡れに強くなります
防水材は“ツヤあり”もあります。自分の好みでツヤのあり、なしを選べます
danger筆は、なるべく新品おススメします。
・前に使用した絵の具の色が混ざることがまれにあります。
・一度、防水材に使用した筆は“防水専用筆”にしてください。使用後、洗い流しても筆の根元に液剤が残って固まってしまうことがあります。


そして、この画像のマスコットが防水材を3度塗りしたマスコットです。
やさしい感じのマット仕上がりなって、よりキレイになりますsmile
danger防水材の乾燥時間は大きさによって異なります。画像の大きさ(3×3×3cm)だと完全乾燥まで約1時間半もあれば十分です。


*画像だと塗る前との違いがわかりにくいですね、、すみませんsweat01
*手作りって言わないとわかってもらえない時もあるんですよheart


いよいよ道具の紹介です。
・先細ペンチ(小) (画像:左)
・はさみ (画像:右)

dangerペンチの他にも、平やっとこ(小)などビーズアクセサリー用があります。いづれも先端が角丸タイプもあります。
はさみでなくてもビーズアクセサリー用のニッパーや爪切りでもOKです。
自分の使いやすい道具で作っていきましょうsmile


次は材料の紹介です。
スワロフスキー(4mmφ)
マスコット
9ピン(35mm/S)
Tピン(35mm/S)
丸カン(0.8×5mm)
ストラップパーツ(紐色:黒)
画像のビーズカラーは“バイオレッド”です。
ビーズ、ストラップパーツのカラー、大きさなど色々な種類があります


danger�〜�のパーツも作るものによってサイズがかわります。

私がよくお世話になっているビーズパーツ屋さんがあるので紹介しますsmile
オンラインショッピングもあるので便利ですよshine
↓パーツクラブ・オンライン


次はマスコットを使ってストラップに挑戦 �sign01です。

2006年11月 7日 (火)

パンプキンに表情をつけよう!

お待たせしましたっsign01
今日はパンプキンの表情をつけていきますsmile

ペンは耐水性のものを使います。色やペン先の細さも好みで選らんでOKですsign01
いろいろ試してみてくださいshine
ちなみに私が使っているのは“uni-ball Signo(シグノ) 超極細0.28”インク色:ブラウンブラックです。


では表情を描いていきます。まずは目の輪郭から描いていきます。
目の描き始めは気持ちやや上がおススメです。
目の位置がマスコット全体のバランスにつながります。

danger画像は一人撮影なのでクリップで挟んでいますが、実際は手で持った方が描きやすいと思いますsweat01


輪郭を描き終えたら中を塗りつぶします。続けて鼻を描いていきます。
鼻の大きさも表情には大切ですsign01
ちっちゃいとかわいらしく大きいとやんちゃっぽくに見えてきますよ


反対側の目を描くときは逆さまにして描きます。
正面のまま描いてもOKです。ただ、慣れるまでは逆さ描きがバランスが取りやすいかと思います。
私もいまだに描き終わって正面からみると左右の目の大きさが「違うsign01coldsweats02」ってことがよくあります
shock



これが目と鼻を描き終わったところですsmile
このままでもかわいいheartけど、より表情を出すために口も描いていきましょうshine


最後に口を描きます。今回はナミナミ型の口を描いていきます。
ナミナミ型の口の描き始めは、目の下ぐらいから始めるとできあがりのバランスがキレイですshine


これでパンプキンの顔が書き終わりましたぁsmileshine
顔を描くときの全体のポイントとしては
・一度で描くのはインクの具合上、難しいので何度か重ね描きをしていきます。
・ペン先にインクがダマになってしまうことがあるので、まめにティッシュでペン先を拭いてください。


ここでいろんなパンプキンマスコットの表情バリエーションを紹介しちゃいますsign01
“ニヒルに笑い”“歯が一個?”“つり目なコ”“歯が2個?”などいろいろ描けますよsmile
自分好みなオリジナルの表情をいろいろ描いてみてくださいねshine


さてさて次は
マスコットを使ってストラップに挑戦sign01を紹介していこうと思いますsmile

2006年11月 2日 (木)

樹脂粘土を練ってみよう�

今日はいよいよパンプキンの形にしていきますsign01
一人で作りながら携帯カメラで撮っているので画像のみにくさはご了承くださいsweat01


パンプキン型を作るときには、セラミックヘラ(小)△になっている方を使います。
表面の色が落ちついて、固まってきたらヘラの登場ですsign01十円玉弱の大きさで約30分ほどで作業に移れます。
danger大きさによって乾燥時間は異なります。


最初にパンプキンの縦模様を付けていきます。
模様を付けるときはヘラを画像のように横にして使います。
dangerあまり力を入れすぎるとバックリ樹脂粘土が割れてしまうので気をつけましょう。
縦模様の量や間隔、深さは自分の好みで自由につけてOKですshine


�で付けた縦模様に沿って表にも付けていきます。
表は円の中心に向かって付けます。(画像参照)
中心に向かって模様をつけるので、中心が一番くぼみます。
danger中心のくぼみが少し割れることもありますが、後でアクセサリーホールになる部分なのでフォローできます。


表が終わったら、次は裏です。
裏も表と同じように円の中心に向かって整えていきます。
裏はヘラの面の方を使います。(画像参照)
できるだけ平たくなるように押さえます。
danger裏は表と違って乾燥してないので柔らかいので力の入れすぎに気をつけてください。


形の整え終わったら再び自然乾燥です。約1日ほど乾燥させます。

乾燥を終えたらシルバーワイヤーでパンプキンの中心を貫通させます。ワイヤーに通したまま、さらに1日乾燥させます。


これでパンプキンマスコットのできあがりですshine
このままだとただのパンプキンなので、表情smileを付けていきますheart

何度も作っていくうちに「あ、これぐらいの乾燥だと模様がつけやすいsign01」と
自分なりの作りやすさのタイミングがつかめてきますsmile
どうしても感覚をつかむまでは、何度も失敗しますsad
でも、それを乗り越えるととっても楽しいshineですよsmile

次は、パンプキンに表情をつけようsign01です。